逆援助出会い交助会

逆援助を成功するには効果的なメールを作ろう!

どの指南サイトもメールの書き方について言われているのは大概改行する、見やすい文章を心がけるなど。正直もう飽きませんか?なので、そんなものは形さえ見ていただければ理解できるはず。心理系指南のページは、全てあなたに向けたメッセージとしてメールのような書き方をしています。改行についてはそれを参考にしてください。

書き方のテクニックその壱:「漢字と仮名のバランスにこだわる!」
『普段携帯やPCでメールを送るとき、ひらがなやカタカナばかりの文章で見辛かったり、漢字ばかりで形式ばった文章になっていたりしませんか?』

上記の文章内で注意したいポイントは二点。一つは「ひらがな」の表記です。当サイトのような読み物ならば本来「平仮名」と書くべきなのですが、メールなどの場合は漢字を使わないことが逆に堅苦しさが無い文章ができたりします。二つめは「見辛かった」です。これは一つ目の注意点の良い例で、漢字にすることでかえってまさに見づらくなり、文章も親しくなりたいような雰囲気からちょっと遠いですよね。携帯やPCに依存しているだけに作り終えたら一回読み直してみる癖をつけると良いですね!

書き方のテクニックその弐:「文字で違ったイメージを伝える!」
「それ厳しいねー!(笑)」と「それキビシイねー!(笑)」。この二つは同じこと言っているのに、書き方によって伝わるイメージが違いませんか?こういったニュアンスの違いを出せる単語と言うのは沢山あり、それを効果的に使うことによってこちらのイメージを文に乗せることができるのです。ただ、多用するとチンプンカンプンになったり、感情を逆撫でしたりしてしまうの事もあるので、使いすぎには注意。
(例: 事≒こと≒コト , 訳≒わけ≒ワケ , 君≒きみ≒キミ  etc..)

書き方のテクニックその参:「脳の造りを理解する!」
ここが「メールの書き方 For 男子」の真骨頂!まず腕を組んでみてください。どちらが上になりましたか?左が上に来た人は右脳派、右が上に上がると左脳派です!…と言われています。が、真偽の程は定かではありません。では先に下の表を見てください

右脳の特徴 左脳の特徴
イメージ記憶
直感・ひらめき
瞬間記憶
潜在意識
(無意識脳) リラックス
言語認識
論理的思考・計算
じっくり記憶
顕在意識
(意識脳) ストレス

医学的に解明されている事と言えば男性が右脳の方が大きく、女性は形には違いが見られないことから、上記のような分類、つまり男性は右脳的思考、女性は左脳的思考と言われています。

それを前提にちょっと想像してみてください。女性とお付き合いしていると「なんで好きになったの?どこが良いの?」と聞かれる事が多いと思いませんか?男性的には「好きなものはしょうがない」と思うでしょうし、しかし女性は理由がないと納得いかないのです。

メールと何が関係するの?とお思いの方、例えば対面して同じ事を言われたとき答えられますか?つまり、「理由を求める女性に対して、どれだけ論理的に納得させられるかが出会いの分かれ道」と言う事なのです。早く返したいがためにサクッと作ったメールを送ると、女性の論理的、計算的思考にはマイナス要素になると言う事です。メールなら考える時間は十分あります。少し遅れても一通一通考え込んだメールは評価が高く、もし競争相手がいたとしたら、この差が勝ち取るための条件になります。

普段からこれを意識してメールを作って、いざ!と言うときにこの超雑技巧で周囲の敵を打ちのめしてやりましょう!

>>逆援を成功する写メの撮り方①はコチラ

地域別

年代別