ホストに通い続けるのは無理でも、逆援助なら楽しく遊ぶことが出来ます

ホストに通い続けるのは無理でも、逆援助なら楽しく遊ぶことが出来ます

私は普段、温泉施設で働いています。年齢は26歳です。お客さんにサービスする日々で、真面目に働く毎日なのですが、またには自分が尽くす側ではなく尽くされる側になりたいと願うようになりました。仕事がお客さんに気を使う毎日なわけですから、たまには癒やされたり息抜きできる場を求めていたのです。私は小松市内に住んでいるのですが、地元から少し離れた場所にあるホストクラブに通うようになり、そこで贅沢な遊びを覚えました。職場では私が気を使うわけですが、ここでは真逆です。最初はお金を介した愛情や優しさには逆に虚しさを感じるのではないかという懸念もありましたが、このような関係が私にとっては意外と楽しめるものだったんです。

お金が関わっているからこそ、こちらは遠慮することもないですし、妥協することもありません。旅館で働くときには、お金さえ払えば何をしてもいいと考えるお客さんもいて、そういう方々には困っていた部分もありましたが、ホストに通うようになって、そういう考え方が理解できるようになったのです。ただ、ホストにこれ以上に近づくことはお金がなければ無理です。お店で楽しく飲んだりはできますが、それ以上に深い関係性を求めようとすればさらにとんでもないお金がかかってくることを知りました。

そのため、さすがにそこには手が出せずにいたのですが、出会い系サイトを見ていたらホストほど高額ではない金額で逆援助を男性にして、楽しく遊ぶ文化があることを知りました。いろいろな方々のブログなどを読んでいたら、逆援助をする女性の多くが男性を弄びたいとか管理したい、さらには命令してそれに従わせたいなどと考えており、私もそれに共感できたのです。ホストクラブでも彼らは私に従う姿勢を見せてくれたわけですが、それが快感でした。だから彼らと肉体関係を持って、私の命令通りに彼らを動かし、私がさらなる快楽を得たいと考えていたのです。

しかし、ホストでそれをやると大きなお金が必要でしたから、サイトを介して出会えば少額でもそれが叶えられるとわかって嬉々としました。そして、いくつかのサイトを使って掲示板を覗いてみて、援助してほしいと書き込んでいる男性を探して、その中から見た目が好みだった20歳の男の子に会ったのです。もうすでに4回ほど彼とは会っているのですが、念願の調教プレイのような行為もしています。彼はお金のためならなんでもするという考えのようで、そもそもの性癖がどうなのかは知りませんが、私の前ではペットと化しています。

そういう姿勢を見せてもらえるだけでも私としては興奮してしまうわけですが、実際に舐めたり触ってきたり、さらにはエスコートさせたりと、個人用のホストとして活用できているので最高のペットです。私は会ったときはシャワーを浴びるのではなく、彼に全身を舐めさせて優越感に浸るのが好きなんですが、この舐め方も教えこんでいます。最初は私の気に入らない舐め方ばかりでしたが、何度も教えていくうちに彼も徐々にツボをおさえてくるようになりました。そうやって成長していく姿を見ているのも楽しいものがあります。

さらに彼には姉がいるそうですが、そのお姉さんが私と1歳違いなんです。だからといって何か特別なことをしているわけじゃないんですが、もしかしたら彼の中では近親相姦的な何かを感じ取っているのかもしれません。もしもそういう思いがある中で私への奉仕をしているとしたら、と考えると私としては興奮を覚えてしまうんです。もちろん、彼の本心は知りませんが、そういう彼の内面も勝手に想像しながら楽しんでいます。彼と出会ったおかげでホストクラブのときに願っていた行為をリーズナブルな価格で実現できていますし、旅館で働く上で自分の中に徐々に溜め込んでしまっていたストレスを日々解消することができるようになっています。

職場で嫌なお客さんに出会っても気に留めなくなりました。なんというか、彼との行為があることによって、すべてが良い方向に回り始めている気がするんです。これまでの私はどこか、マイナス思考になってしまう部分もあったのですが、今はそういうことも皆無です。性格も明るくなり、周りからもそういうふうに言われています。とにかくいいことばかりなので、これからも彼との関係は継続して、私のことを癒やしてもらいつつ、たくさんの快楽を与えるペットで居続けてほしいと願っているのです。

石川県の逆援助情報を確認する→

地域別検索

北海道・東北地方

北関東地方

首都圏

甲信越地方

東海地方

関西地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方