未亡人ですが、お小遣いを渡すという約束で若い男の子と会っています

未亡人ですが、お小遣いを渡すという約束で若い男の子と会っています

小さな会社を経営している42歳の女です。夫の死後、私が引き継いだのでなんとか頑張っているんですが、慣れないことの連続でストレスも相当たまっています。夫との約束もあって簡単には引き下がれないので、最初は息抜きしながら頑張っていましたが、やはり限界を迎えてしまって、今は男遊びをするようになりました。夫への罪悪感もある上、今さら真面目な付き合いも面倒なので手軽な身体だけの割り切った関係です。夫が亡くなったのは38歳のときで、この年齢で未亡人になったことで欲望を内に秘めたまま過ごす日々が続いていました。そのため、じつを言えばこういう関係を持つことへの憧れのような気持ちは以前からあったのですが、仕事が忙しいのと、やはり主人への申し訳なさのほうが大きくて我慢してきたんです。けど、時間も経ったのでもうそろそろいいかなと自分で勝手に判断して、SNSで出会った相手やナンパしてきた相手と遊んでいます。あと自分から積極的にサイトなどを使って出会いも求めています。

特定の相手と長期間に渡って会うのは、やはりどうしても罪悪感のほうが大きくなるので、毎回相手は変えています。ただ、相性がすごくいい相手に巡り会えたときには、何度か会うこともありますが、そういうパターンであっても付き合っているわけではなく、あくまでも割り切った関係です。今はそうやって複数の相手と会って遊ぶ日々ですが、今までおさえていた反動もあって、夫とエッチしたとき以上の興奮を感じているのです。毎回相手が異なりますので、当然ながら相手によってセックスの内容も変わってきます。その新鮮さを毎回味わえるので、毎回のエッチが本当に興奮できるんです。男の人も同じだと聞きましたが、やはりどんなに見た目が好みの相手でも同じ相手と何度もしていると、徐々に飽きてしまいますが、初めての相手ならばそこまでタイプじゃなくても興奮してしまうんです。新鮮さがあるからだと思いますが、私もそういう新鮮さのおかげで楽しく過ごせているんです。

ただ、そうは言っても見た目が好みの人と会いたいですし、若い子のほうが体力もあって満足させてくれるので、出合い系サイトで相手を探すときには、見た目や年齢にもこだわっています。しかし、42歳の私が20代前半の男の子を捕まえるのは難しいので、そういう年代の子を狙うときには逆援助の話も持ちだしています。そこまで大きな金額ではないものの、逆援助の関係でお小遣いを渡すという約束をすることで会ってもらっているんです。普通に会いたいとかデートしたいと言っても無視されちゃうような相手でも、こういう条件を持ちだすと無事に成功するので、今はこのパターンが当たり前になりつつあります。貯金はそれなりにありますし、ひとり身で仕事ばかりなので普段はほとんどお金も使っていません。長野県伊那市にある自宅も持ち家ですから、そこに費やせるお金はそれなりにあるんです。

そのため、これが尽きるまでは、若い子と遊びたいときには条件付きで遊んでいきたいと考えています。もちろん、若い人が好きな反面、同世代の男性も大人の男性っていう感じがして好きです。若い子たちは体力もあって激しくしてくれるので、それはそれで好きなんですが、大人の落ち着いたまったりモードのスローセックスも素敵なので、こちらも楽しんでいます。相手によって自分がお姉さんになったり、妹のようになったりと、自分を変えることができるのも楽しみのひとつですから、同世代もなかなかいいものです。

それに正直な話、お金の条件がない中で会えるので、めちゃくちゃ興奮するためには同年代のほうが最適とも言えます。お金の関係があると相手がどんなに優しくしてくれても、お金のためにそうしているという部分が見えてしまうんですが、同世代の場合にはそういう条件がありません。相手はあくまでも私に対する欲望があるからこそ会ってくれています。だから、同世代の男性に抱かれているときのほうが本気モードになれる部分もあるんです。ただし、好きなのは若い身体なので理想を勝手に言うならば、若い人で年上の女性が好きで、条件なしで会ってくれるパターンです。残念ながらこのパターンはまだ経験していないんですが、そういう相手も世の中にいるはずですから会ってみたいんです。いつか、こういう相手に会えることを期待しながら、今はいろいろな相手と遊んでいきたいです。

長野県の逆援助情報を確認する→

地域別検索

北海道・東北地方

北関東地方

首都圏

甲信越地方

東海地方

関西地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方